piroyan's Lablog

実験の合間に思いついた戯言などをつらつらと

 

テープデータのリマスター

仕事が忙しいと言っている割に、夜中に帰ってきては短い時間ゴソゴソと現実逃避をして
遊んでいます(笑)

さて、今回の実験は、折角カセットインターフェースを作ったんだから、何かしないと!!
ということで、

    ソフトで生成した綺麗な方形波は正常に読み込めるのか?

という疑問から始まって、テープデータをエンコード・デコードして
リマスターしてしまおうというものです。



続き▽

| 実験::ソフトウェア | 01:14 AM | comments (0) | trackback (0) |

仮想波形メモリ音源を妄想する(第5回)

仕事に追われて相変わらず更新が遅いです……汗
というか、スケジュール的にもそろそろアレな感じなので、今後しばらくは
更新出来そうにありませんしくしく

そんな状況ではありますが、ようやくシーケンサが完成しました音符

仮実装していたエンベロープは外して、モジュレーションも未実装ですが。。
(もうちょっと色々考え直したい部分が山程あうっ)



続き▽

| 実験::ソフトウェア | 02:12 AM | comments (0) | trackback (0) |

仮想波形メモリ音源を妄想する(第4回)

波形メモリ音源ということで、波形編集をどうしようか?という問題にぶち当たる。

16バイト位までだったら、適当に想像でもデータを作れるけれど、それ以上になると
手打ちじゃツラい……ということで、手元にあった某メーカー謹製の波形編集ソフトの
データをコンバートするツールを作ってみたけど、全く一般的じゃあ無い。。

どこかにフリーで高機能な波形編集ソフトって落ちて無いかなぁ~と探してみるも
見つからずしょぼん

仕方が無いので、8ビット/44.1KHzモノラルのWAVデータ(1Hz分)をコンバートする
ツールを作ってみました。

これもあまり一般的では無いかも知れませんけど、まぁまだマシかなぁというレベルで……



続き▽

| 実験::ソフトウェア | 08:58 PM | comments (0) | trackback (x) |

仮想波形メモリ音源を妄想する(第3回)

さて、更新滞りがちですが、ようやく第3回。

前回で波形メモリ方式に変更しましたが、今回はさらに、波形データサイズを
2、4、8、16、32、64、128、256バイトまで拡張。
理論上は、まだまだ容量を増やすことも出来ますが、実用上は256バイトもあれば
御の字でしょうということで、ここまでとしています。



続き▽

| 実験::ソフトウェア | 04:11 AM | comments (0) | trackback (x) |

仮想波形メモリ音源を妄想する(第2回)

第2回目にして、タイトルが変わってしまいましたが……にひひ

方形波だけではつまらないので、波形メモリ方式にしてみました。
(俗に言うナムコPSGや、コナミのSCC音源の方式です)

1音色に対する波形メモリサイズは8、16、32、64バイトから任意に選択が可能。
プリセット音は方形波のみで、波形データは全て外部定義とします。



続き▽

| 実験::ソフトウェア | 08:56 PM | comments (0) | trackback (x) |

仮想PSGを妄想する(第1回)

PSG(Programmable Sound Generator)とは、一昔前にゲームやPCでよく使われた
「ピコピコ音」発生器。

これを仮想的にPC上で再現してみたいと思います。



続き▽

| 実験::ソフトウェア | 05:00 AM | comments (2) | trackback (x) |

PAGE TOP ↑

CALENDAR

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<前月 2017年06月 次月>

QR CODE

QRコード

PROFILE

NEW ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK

PRODUCTS

LINK

BANNER

piroyan's lablog banner

リンクする際にお使い下さい。
※リンクはご自由にどうぞ。

大きいサイズはコチラ

POWERED BY

BLOGNPLUS(ぶろぐん+)

OTHER